menu open

【2021/12/2】アメトーーク!「本屋で読書芸人」のオススメ本をご紹介!

2021年12月3日 投稿

2021年12月2日(木)に放送された
アメトーーク!の「本屋で読書芸人」

今年は「マンガ芸人」が二つ続いてからの12月に「読書芸人」
本屋に優しいアメトーーク! 感謝いっぱいです!

「読書芸人」は前回2017年11月以来、4年ぶりの開催。
今回のメンバーは、続投のメイプル超合金のカズレーザーさんをリーダーに、Aマッソ加納さん、ティモンディ前田裕太さん、ラランドのニシダさん、ゾフィー上田航平さんとフレッシュなメンバー構成。
20代30代の読書好き芸人は、いったい何を読んでいるのか?

本記事では、番組で紹介された本をまとめています。

商品名をタップすると商品詳細に飛び、そのままご注文できます。
三洋堂書店での受け取りなら、送料無料です。


◆ も く じ ◆
① Aマッソの加納さんのご紹介
② ティモンディの前田さんのご紹介
③ ラランドのニシダさんのご紹介
④ ゾフィーの上田さんのご紹介
⑤ カズレーザーさんのご紹介
あとがき

⇒2023年4月20日(木)放送「本屋で読書芸人」のまとめ記事はこちら

⇒その他の「アメトーーク!」の記事はこちら

.

.
.
.

① Aマッソの加納さんのご紹介

トップバッターは、Aマッソの加納愛子さん。
読書は、小説を中心に年20冊くらい。
推薦帯の無い本こそ惹かれるそうです。
ご自宅にはたくさんの文庫本が色別に並べられていました。

加納さんと言えば、2020年には自身初となるエッセイ集『イルカも泳ぐわい。』を出されました!
また『文藝2021年春号』で短編小説「イトコ」を、『文學界2021年4月号』で短編小説「ステンドグラス」を発表されています。
今後が楽しみですね。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

イルカも泳ぐわい。

著者名
加納愛子/著
出版社名
筑摩書房
税込価格
1,540円

加納さんお勧めの8作品をご紹介!

トップは『十二月の十日』と『短くて恐ろしいフィルの時代』
岸本佐知子先生の翻訳の大ファンということで、数ある翻訳作品からこの2冊をチョイス。
『十二月の十日』はダメ人間の日常を描いた短編集です。
番組で紹介された「我が騎士道轟沈せり」は、中世のテーマパークで働く若者が、薬を飲んで自分が中世の人間だと勘違いしてしまうというストーリー。
文体が展開に合わせて途中から中世風に変化するらしいです。
気になります。

 ⇒ 岸本佐知子先生の翻訳作品の一覧はこちら

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

十二月の十日

著者名
ジョージ・ソーンダーズ/著 岸本佐知子/訳
出版社名
河出書房新社
税込価格
2,640円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

短くて恐ろしいフィルの時代

著者名
ジョージ・ソーンダーズ/著 岸本佐知子/訳
出版社名
河出書房新社
税込価格
891円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

ずっと喪

著者名
洛田二十日/著
出版社名
キノブックス
税込価格
1,430円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

無限の玄/風下の朱

著者名
古谷田奈月/著
出版社名
筑摩書房
税込価格
1,540円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

おもろい以外いらんねん

著者名
大前粟生/著
出版社名
河出書房新社
税込価格
1,540円

お笑いコンビを組んだタッキーとユウキ、芸人にならなかった俺。
おれらであることが楽しくて苦しい、高校の同級生3人組の10年間。
漫才がまるまる一本入った、芸人青春小説。

帯は かが屋の加賀翔さん。
アメトーーク内で触れられなかったので、ここで便乗してご紹介!
かが屋の加賀翔さんの初小説『おおあんごう』が11月に発売されました。
実体験を織り交ぜたストーリーの様で、父子の関係はすんなり感情移入できました。
好きなタイプの小説です。

細いゴリラのような父に振り回され、
繊細な心を削られて生きるぼく。
凛とした母、ふんわりしたおばあちゃん、無二の親友。
岡山の田舎の小さな町の、ぼくと家族の物語。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

おおあんごう

著者名
加賀翔/著
出版社名
講談社
税込価格
1,540円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

静かに、ねぇ、静かに

著者名
本谷有希子/〔著〕
出版社名
講談社
税込価格
649円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

スヌーピーの父チャールズ・シュルツ伝

著者名
デイヴィッド・マイケリス/著 古屋美登里/訳
出版社名
亜紀書房
税込価格
6,600円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

銀色の青

著者名
哲夫/著
出版社名
サンマーク出版
税込価格
1,430円

最後は、笑い飯の哲夫さんの『銀色の青』
「仏教の方」のイメージですけど、青春小説です。
野球部エースに貸した100円。
でも自分なんかが返してなんて言えない―――。
加納さんと同じく、「ラストが素敵なのよ」と言いたい気持ちと 言いたくない気持ちと。
最後までじっくり読んで下さい。

.

.
.
.

② ティモンディの前田さんのご紹介

二番手は、強豪野球部バッテリーでおなじみ、ティモンディの前田さん。
野球部を引退した後の胸の喪失感を埋めるため、本を読むようになったそうです。
読書量は、小説や学術書を中心に年60冊ほど。
ご自宅には、モリミーや伊坂先生の本が。
気に入った本は、単行本と文庫を両方買うという ビブリオマニアぶりです。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

三体

著者名
劉慈欣/著 大森望/訳 光吉さくら/訳 ワンチャイ/訳 立原透耶/監修
出版社名
早川書房
税込価格
2,090円

まずは「SF小説のトップが決まりました!」と豪語した『三体』
私も大好きです!!
宇宙人が地球を侵略しにくる、異星文明との邂逅を描いた物語ですが、中国の時代背景やVR・ナノ技術とも相まってとっても濃厚なストーリー。
一度読み始めたら止まりません。
大田川店でも刊行から2年以上経て今でも売れ続けています。

物理学者の父を文化大革命で惨殺され、人類に絶望した中国人エリート女性科学者・葉文潔。
失意の日々を過ごす彼女は、ある日、巨大パラボラアンテナを備える謎めいた軍事基地にスカウトされる。
そこでは、人類の運命を左右するかもしれないプロジェクトが、極秘裏に進行していた――。

 ⇒ 『三体』シリーズのご注文はこちら
前田さんが紹介された通り、IIやIIIから読んでもOKです。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

どうやら僕の日常生活はまちがっている

著者名
岩井勇気/著
出版社名
新潮社
税込価格
1,375円

番組ではあっさりした紹介でしたが、最近の芸人さんのエッセイでは一番お勧めです。
一作目『僕の人生には事件が起きない』と併せてぜひ読んでみて下さい。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

僕の人生には事件が起きない

著者名
岩井勇気/著
出版社名
新潮社
税込価格
1,485円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

幸福な食卓

著者名
瀬尾まいこ/〔著〕
出版社名
講談社
税込価格
682円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

バーティミアス 1

著者名
ジョナサン・ストラウド/作 金原瑞人/訳 松山美保/訳
出版社名
静山社
税込価格
836円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

百年法 上

著者名
山田宗樹/〔著〕
出版社名
KADOKAWA
税込価格
792円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

百年法 下

著者名
山田宗樹/〔著〕
出版社名
KADOKAWA
税込価格
792円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

逆ソクラテス

著者名
伊坂幸太郎/著
出版社名
集英社
税込価格
1,540円

伊坂幸太郎先生が描く、子どもたちが主人公の五篇の短編集。
安定志向の習慣や先入観を打ち破り、大人の世界を変えていく。
「僕は、そうは、思わない」

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

現代語裏辞典

著者名
筒井康隆/著
出版社名
文藝春秋
税込価格
1,232円

筒井康隆先生の『現代語裏辞典』
皮肉たっぷり、先生の性格の悪さが見える……なんて、分かります。
気が付けば筒井先生の文庫が1段まるっと並んでいる私の本棚。
中毒性があります。

 ⇒ 筒井康隆先生の文庫本のご注文はこちら

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた

著者名
ルイス・ダートネル/著 東郷えりか/訳
出版社名
河出書房新社
税込価格
1,078円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

新釈走れメロス 他四篇

著者名
森見登美彦/〔著〕
出版社名
KADOKAWA
税込価格
572円

.

.
.
.

③ ラランドのニシダさんのご紹介

三番手は、ラランドのニシダさん。
又吉先生と同じく純文学好きで、今はちょこっとずつ 太宰治全集 を集めているとか。
年間100冊以上の読書家ですが、他の3人とは違ってネタは書かない読み専みたいです。

まずは「一番好きな小説家」山野辺太郎先生の2作品。
日本からブラジルまで真っ直ぐ地球に穴をあける!という極秘プロジェクトを描いた『いつか深い穴に落ちるまで』
そして『文學界7月号』掲載の「恐竜時代が終わらない」
こちらはまだ書籍化はされていないですが、面白そうなタイトルですね。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

いつか深い穴に落ちるまで

著者名
山野辺太郎/著
出版社名
河出書房新社
税込価格
1,430円

続いて、夏目漱石先生との思い出を綴った昭和初期の随筆集『百鬼園随筆』
「一等席に乗ってみたけど意外とつまらなくて寝た」など、内容が無いブログのような構成だからこそ、文章の美しさが味わえるそうです。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

百鬼園随筆

著者名
内田百間/著
出版社名
新潮社
税込価格
781円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

アロハで猟師、はじめました

著者名
近藤康太郎/著
出版社名
河出書房新社
税込価格
1,760円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

現代思想 vol.49-10(2021)

著者名
出版社名
青土社
税込価格
1,760円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

天才による凡人のための短歌教室

著者名
木下龍也/〔著〕
出版社名
ナナロク社
税込価格
1,320円

歌人 木下龍也先生がこれまでの短歌制作の経験から、いくつもの技法・発想法など創作の秘密を伝える短歌教室。
文学的な文章がニシダさんのお気に入り。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

コンプレックス・プリズム

著者名
最果タヒ/著
出版社名
大和書房
税込価格
1,320円

彼女の家に住まわせてもらってるそうで、蔵書は少なめです。
蛍原さんは競馬の本に、カズレーザーさんは漱石本の中で『文鳥・夢十夜』を厳選していたことに興奮!
やっぱり人の家の本棚を覗くのは面白いですね。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

双馬式誰も言わなかった馬券富豪の展開読み

著者名
双馬毅/著
出版社名
秀和システム
税込価格
1,980円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

馬場を読んで馬券で勝つ方法

著者名
馬場虎太郎/著
出版社名
KADOKAWA
税込価格
1,760円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

文鳥・夢十夜

著者名
夏目漱石/著
出版社名
新潮社
税込価格
473円

最後は、三省堂書店の神保町本店で見つけた辞典。
ニシダさん曰く、作ろうと考えた人がいるのが面白い!

「辞典」や「大全」って衝動買いさせる何かがありますよね。
『ボディビルのかけ声辞典』とか、ついつい…。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

異名・ニックネーム辞典

著者名
杉村喜光/編著
出版社名
三省堂
税込価格
2,860円

.

.
.
.

④ ゾフィーの上田さんのご紹介

四番手は、ゾフィーの上田航平さん。
なんと祖父が有隣堂副社長の上田誠さんなんだそうです!
子どもの頃から本に囲まれた生活だったんでしょうか?(羨ましい…)
上田さんも年間100冊以上の読書家で、あらすじを見て気になる本を買っていき、作中に登場した本も数珠つなぎに読んでいくそうです。
さらに、気になるところに付箋を貼って、ネタ帳として仕事にも活用しているとか。

そんな上田さんが最初に紹介したのは、三島由紀夫先生の『禁色(きんじき)』
おじいちゃんの小説家が、若い女に馬鹿にされてムカついたので、男好きのイケメンを雇って、その女性を口説いて上手くいったあとに振ってくれと依頼。
しかし、イケメン男はその女性の旦那に恋をしてしまう――。

確かに、このあらすじを見かけたら気になります。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

禁色

著者名
三島由紀夫/著
出版社名
新潮社
税込価格
1,210円

続いては、スリランカ出身の僧侶アルボムッレ・スマナサーラさんの『怒らないこと』

名前につっこまれてましたが、書店員的にはベストセラー作家として有名なお方です。
今の人は知らないのかなぁと思ったら、『怒らないこと』ブームは15年前の2006年!
月日が経つのは早いです…。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

怒らないこと

著者名
アルボムッレ・スマナサーラ/著
出版社名
大和書房
税込価格
770円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

いたずらの天才

著者名
A・スミス/著 後藤優/訳
出版社名
文藝春秋
税込価格
448円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

息吹

著者名
テッド・チャン/著 大森望/訳
出版社名
早川書房
税込価格
2,090円

テッド・チャン先生の『息吹』
シンプル設定を面白く!
タイムトラベル、AIの未来、量子論、自由意志、創造説など、科学・思想・文学の最新の知見を取り入れた秀逸なSF短編集。
ちなみに、私のイチオシは、『千夜一夜物語』の枠組みを使って、科学的にあり得るタイムトラベルを描いた「商人と錬金術師の門」です。

上田さんが言われた通り、先生の作品は2冊のみ。
1作目『あなたの人生の物語』も八篇の短編集で、「メッセージ」というタイトルで映画化されました。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

あなたの人生の物語

著者名
テッド・チャン/著 浅倉久志/〔ほか〕訳
出版社名
早川書房
税込価格
1,056円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

その可能性はすでに考えた

著者名
井上真偽/〔著〕
出版社名
講談社
税込価格
836円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

地下室の手記

著者名
ドストエフスキー/〔著〕 江川卓/訳
出版社名
新潮社
税込価格
649円

.

.
.
.

⑤ カズレーザーさんのご紹介

ラストは、メイプル超合金のカズレーザーさん。
年間500冊以上!気になったものは全て読むスーパー読書芸人。

番組冒頭では『サメ映画大全』をご紹介。
サメ映画には無限の可能性がある。『ジョーズ』を超えること以外は――
バカンスで賑わうビーチに、雪原に、宇宙に、時には便器の中からヤツは襲い掛かる!!
A級からトンデモまで100作以上を紹介!

ちなみに、三洋堂書店のレンタル売場では「サメ映画」は鉄板ネタ!
B級映画であろうが 小っちゃいサメだろうが サメが殆ど出てこなかろうが、何でも売れます。
以前はバイヤーの「このシャークがすごい!」なんてランキング企画も……?

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

サメ映画大全

著者名
知的風ハット/著
出版社名
左右社
税込価格
2,200円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

解きたくなる数学

著者名
佐藤雅彦/著 大島遼/著 廣瀬隼也/著
出版社名
岩波書店
税込価格
1,980円

佐藤雅彦先生の最新作『解きたくなる数学』
数学の本なのに、出てくるのはおいしそうなケーキやチーズやチョコレートの写真。
でも、それらを使って身につくのは、論理の組み立て+抽象化+新しい考え方の枠組み+思考のジャンプ。
数学を使えなくなった大人こそ、読んで楽しめる教養本です。

⇒ 前回の「読書芸人」で紹介された『中をそうぞうしてみよ』のご注文はこちら

佐藤先生監修の「ピタゴラスイイチ」のDVDブックも発売中です。
親子でずーーっと見てられます。オススメ!

⇒ 『ピタゴラ装置DVDブック』のご注文はこちら

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

地球の歩き方 W08

著者名
地球の歩き方編集室/編集
出版社名
地球の歩き方
税込価格
1,760円

「地球の歩き方」編集の『世界のすごい巨像』

このW(世界)シリーズ、内容が狂気的に充実していて面白いんですよね。
世界の巨像の数や大きさも、地域差が如実に出てて想像が膨らみます。
『世界のすごい島』もオススメ!

⇒ 『地球の歩き方W』シリーズの一覧はこちら

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

NEO HUMAN 究極の自由を得る未来

著者名
ピーター・スコット‐モーガン/著 藤田美菜子/訳
出版社名
東洋経済新報社
税込価格
1,870円

人類初「AIと融合」しサイボーグとして生きる科学者の自伝。
ALS障害者として、身体が動かなく口がきけなくなる前に、自身の能力をAIに移すノンフィクション。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

Humankind希望の歴史 人類が善き未来をつくるための18章 上

著者名
ルトガー・ブレグマン/著 野中香方子/訳
出版社名
文藝春秋
税込価格
1,980円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

Humankind希望の歴史 人類が善き未来をつくるための18章 下

著者名
ルトガー・ブレグマン/著 野中香方子/訳
出版社名
文藝春秋
税込価格
1,980円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

ビジュアル世界一の昆虫 NATIONAL GEOGRAPHIC

著者名
リチャード・ジョーンズ/著 木谷美杉/翻訳 伊藤研/日本語版監修
出版社名
日経ナショナルジオグラフィック社
税込価格
4,180円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

新明解国語辞典 青版

著者名
山田忠雄/編 倉持保男/編 上野善道/編 山田明雄/編 井島正博/編 笹原宏之/編
出版社名
三省堂
税込価格
3,410円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

どうぶつのからだ 1

著者名
増井光子/監修 ネイチャー・プロ編集室/編著
出版社名
偕成社
税込価格
1,760円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

完売画家

著者名
中島健太/著
出版社名
CCCメディアハウス
税込価格
1,650円

カズレーザーさんのおうちにあった『理科年表』と『旅行用心集』
我が家にもあります(シンパシー!)

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

理科年表 第95冊(令和4年)

著者名
国立天文台/編
出版社名
丸善出版
税込価格
1,650円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

旅行用心集 現代訳 新装版

著者名
八隅蘆菴/著 桜井正信/監訳
出版社名
八坂書房
税込価格
2,200円

.

.
.
.

少しの隙あらば、物の本を、文字のある物を懐に入れ、常に人目を忍び、見るべし。

如何でしたでしょうか。

メンバーそれぞれの個性の出た 前回以上にマニアックな選書でした。
日本文学だけでなく海外文学も多くて面白かったです。

知ってる人の前で好きな本を読むのは、確かに恥ずかしいです…。
一番好きな本を勧められない気持ちもよく分かります。
漫画だと大丈夫なんですが。何故でしょう?

自分のお気に入りの本を、勧めてもいない友達や見ず知らずの他人が読んでいるのに、偶然気付いた瞬間が、最高です!!

書いた人:雪餅(大田川店)
歴史や地図、一人旅が大好きの書店員。
青春18きっぷで年3回 鈍行旅行する乗り鉄でもあります。
今は古地図やGoogleEarthで妄想旅行を楽しんでます。

今回も、番組で登場しなかったオススメ本を1冊ご紹介します。

デザイナー&工学博士の筧裕介先生の『認知症世界の歩き方』

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

認知症世界の歩き方 認知症のある人の頭の中をのぞいてみたら?

著者名
筧裕介/著 認知症未来共創ハブ/ほか監修
出版社名
ライツ社
税込価格
2,090円

2021年9月に発売されたばかりの本ですが、各所で話題の一冊です。
認知症のある方が経験する出来事を「旅のスケッチ」と「旅行記」の形式にまとめています。
「認知症の本人目線である」ことと「疑似体験できる旅行ガイドである」ことの2点が、他の認知症本とは一線を画しています。
また、カラーイラストが豊富で、ストーリー仕立てになっているので、最後まで楽しく読めます。

私も少し前まで身近に認知症の人と接していましたが、先にこの本を読んでいたら理解が深まってもっと優しくなれたかも、と思いました。
認知症に今は関わりない人でも、雑学本としてお気軽に読んでみて下さい。

同じく読みやすい教養本として、山本健人先生の『すばらしい人体』もお勧めです。
人間の体の中をめぐる不思議な知的冒険を体験できます。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

すばらしい人体 あなたの体をめぐる知的冒険

著者名
山本健人/著
出版社名
ダイヤモンド社
税込価格
1,870円

この記事は役に立ちましたか?

2