menu open

【水遊び】外で!庭で!公園で!ガンガン遊べ!さあバトルだ!

2021年4月16日 投稿

【そとあそび! 何しよう?? 】

 こんにちは!ロウランです。
 いきなり自分語りで恐縮ですが、ここ数年ずーーーーーっと運動不足です……。
 運動するぞ!と思って買ったリングフィットアドベンチャーも続けられない状態ですが、私は誰に向けるでも無い、やらない言い訳を重ね続けています。

 さて、大人は私のように自分の責任でやることもやらないこともできますが、こどもたちはそうもいきません。小さい頃の経験は大切な財産です。どうすれば砂のお城は崩れないのか。どんな形の紙飛行機がよく飛ぶのか。そういった気づきは遊びの中で発見していくものです。
 しかし、実際問題、「外で遊ばせてあげたい」と思ってもイベントなども中止になっているこのご時世で何をさせてあげられるのでしょうか。野球やサッカーは人数がいっぱい必要だし・・・・・・。

 今回はそんな悩める子育て世代に遊びの提案をしたいと思います。

【水鉄砲――何して遊べばいいの???】

 遠出するのは憚られる昨今、プールにも海にもいくのはちょっとな、と思っている方も少なからずいらっしゃることと思います。そもそもインドア派で外で遊ぶって何をするんだ??という方もいらっしゃるかもしれません。実の所、私の心の声でもあります。

 外で遊ばせたい――その選択肢の一つとして三洋堂では毎年『そとあそび』のフェアを展開しています。覚えていらっしゃる方もいるかもしれません。しゃぼん玉や水鉄砲のフェアです。
 水鉄砲、買うのはいいけど何をして遊ぶんだろう。的当てとか……? そう思っていた時期が私にもありました。こんなありさまではとてもオススメできません。そういうわけで調べてみたところ、面白そうなものがあったのでご紹介します。

 『ウォーターサバゲー』なる遊びが世の中にはあるそうです。ざっくり言うと頭の上などに装備した的(金魚すくいで使うポイなど)を撃ち抜かれたら失格というもので、準備は簡単です。
 的になる部分は水に濡れたことが分かればいいので普通の紙でも大丈夫ですし、端切れの布なんかも良いかもしれません。そういった的と、水鉄砲、あとは場所さえあれば家族や仲間内で遊ぶのにも持ってこいです。(目に当たると危ないのでゴーグルなどはあった方がいいですが)
 旗取りのように奪取する目標を設定すれば大人でも楽しめる戦略性が生まれます。実際にレフェリーありで競技として実施しているところもあるようです。(記事執筆時点では休業中のところが多いようですが(T∧T))

 スプラトゥーンというゲームはご存知でしょうか。子どもにも人気のテレビゲームで、WiiUとNintendo Switchで発売されている大ヒット作です。スプラトゥーンは陣取りに近いですが、ウォーターサバゲーはこのゲームにかなり似ています。そういうわけで子どもたちもやる気になること間違いなしです。

【買うならこれだッ! オススメ商品】

 さて、遊ぶとなったら水鉄砲を用意しなければなりません。でも、ひとくちに水鉄砲と言っても種類はさまざまで、そこから選ぶのはなかなかに大変です。

 というわけで、いくつかオススメをピックアップしましたので、よければ参考にしてみてください。


① 『水ピストルちびっこ消火隊』


 

 まずオススメするのはこちら!「水ピストルちびっこ消火隊」!!
 消火器型の25センチ弱のサイズの水鉄砲です。
 通常の水鉄砲とは違って引き金を引くのではなくて、レバーを引く形なので「普通の水鉄砲はあるよ」「ただの水鉄砲ではつまらない」という方にもオススメです。
 あまり大きくないのでお風呂でも遊べるサイズ感ですし、6メートルも水が飛ぶらしいのでお子さんにお風呂洗いや洗車を手伝ってもらうのにも使えます。


② 『アクアボム』


 

 お次はこちら。「アクアボム」!!
 これは水風船を作る道具の一種なのですが、これの良いところはペットボトルに装着して作れるところです。蛇口が近くに無くとも作れるので場所を選びません。
 そしてメタ的な視点で言えば、ペットボトルの水が無くなるまで遊ぶ、とすれば遊びの時間の管理もしやすくなります。
 さらにうれしいのは、水風船の口を縛るための道具が付いてくる点です。風船の口を縛るのって結構難儀するんですよね。普通の風船でもちょっと面倒なのに、水風船は水が入っているうえに小さいので大変です。でも付属の「クルっと棒」があれば簡単に結ぶことができます。


③ 『水ピストル エアアクアバレット バイオレット』


 

 大人同士で遊ぶなら見栄えの良いタイプなんていかがでしょうか。
 1,000円くらい出せば見栄えのするものを買うこともできます。
 某人形汎用決戦兵器のような色合いの「水ピストル エアアクアバレット バイオレット」は特にカッコいいです。


④ 『カンタン!みずでっぽう』


 

 最後にお求めやすい値段のものを2つご紹介します。

『ウォーターガン プッシュdeショット』
 外側がスポンジのようなものでできているので怪我の心配も少なく安心です。安全と安心のシリンジ式。

『水ピストルネオシーサーフ』
 スタンダードで安い。小さくて取り回しが効くので二丁拳銃に憧れがある方はこちらを二つ買うのが良いでしょう。

【水鉄砲のしくみ】

 商品の紹介は以上ですが、雑学を語らずにはいられない性分なので、水鉄砲について雑学を。

 水鉄砲は文字通り水を発射する道具ですが、その仕組みはいろいろとあります。どんな力を使っているのかという点で分類できるので、この機会にざっくりとでも覚えておくと何かの役に立つかもしれません。

 まずはシリンジ式。こちらは注射器を想像していただければわかりやすいと思います。シリンダーを押す力で水を飛ばすので腕力次第で威力が変わります。もっとも伝統あるタイプで昔から竹の筒を使って作られていました。仕組みが単純で故障しにくいですが、一発ごとに給水する必要があります。
 今回のオススメ商品で言えば④の『ウォーターガン プッシュdeショット』です。

 次に引き金式。これは小さい子ども向けの水鉄砲で採用されていることの多いタイプで、引き金を引いた力だけで水を飛ばします。引き金を引いた動きがそのまま水を飛ばすことに直結するので飛距離も威力もあまりありません。そして安い。お風呂で使う場合や小学校低学年以下にはこのタイプが安全です。
 今回のオススメ商品で言えば④の『水ピストルネオシーサーフ』。

 そして圧縮空気を使った加圧式。私の記憶にあるのはショットガンのポンプアクションさながらに銃身の下部のスライド部をシャカシャカして撃つものですね。空気を何らかの方法で圧縮し、それをもとに水を発射するものです。威力は出やすいのですが圧力が高いほど(=威力が高いほど)引き金が重くなるのが玉に瑕。力が強くない場合、何度も引き金を引くと疲れてしまうので腕力と相談です。
 今回のオススメ商品で言えば③の『水ピストル エアアクアバレット バイオレット』。

 最後に連続給水型シリンジ式。これはシリンジ式を発展させたもので、シリンジとは別にタンクがあり、そこから給水するので給水の手間が少し省かれます。たくさん水が入るので、継戦能力は高いのですがその分重いのが難点。ご紹介したウォーターサバゲーに向いています。実は三洋堂にも例年入荷していて、リュック形のものがこれにあたります。

 水鉄砲とひとくちに言ってもこんなに種類があるんです。しかもこれで全てではないようで・・・・・・。これ以上はさすがに深掘りし過ぎなのでこのあたりで止めておきます。

【さいごに】

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
 いかがでしたか? 水遊びしてみませんか??

 せっかく水の豊富な日本にいるのですから、水に親しみを持ちたいものですね。
 水鉄砲や水遊びに興味を持たれた方は是非、三洋堂書店へお越しください!


 

書いた人

中津川店 ロウラン

ラノベやガンプラなどオタク向け商品を担当しています。
好きなMSはジムキャノンⅡ。

この記事は役に立ちましたか?

1