menu open

初プレゼントに!人気の赤ちゃん絵本3冊セット!

2020年11月19日 投稿

【子持ち店長のお墨付き!私が実際に買った本はコレだ!第2弾!】

0歳からでも楽しめる人気絵本!
初めての絵本にオススメのだるまさんシリーズ!
迷ったらコレ、の傑作絵本豪華3冊セット!

★赤ちゃんからでもOK!
★読み聞かせラクラク!
★長く楽しめる!

お店の分類としては「赤ちゃん絵本」として、0歳~1歳くらいのお子さんにオススメしている作品。
赤ちゃん向き、とは言いますが、ウチの子は2歳過ぎてもずーっと大好きで、よく膝の上にちょこんと座って、一緒に読んでます。

◆だるまさん「が」から始めてみよう

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

だるまさんが

著者名
かがくいひろし/さく
出版社名
ブロンズ新社
税込価格
935円

↑ぽてっとしたフォルムのだるまさん。丸くて赤いので、子どもの興味を引くようですね。

0歳の時、なんだこれは?という顔をして、じーっと眺めていました。
「流石に言葉は分からんよな~」と思いつつも、しっかり読んで聞かせてみました。
赤ちゃんって、大人みたいにハッキリとは見えていませんが、だるまさんは赤くてクッキリしているので、なんとな~く分かるみたいですね。

この頃は、だるまさん以外が出てくるとびっくりするようで、1冊目の「が」が一番のお気に入り。
「どてっ」のページで、体ごとちょっと傾けてあげると、きゃっきゃと笑っていました。
何度も何度も「どてっ」して、私はくたくたになりましたが、子どもは楽しかったみたいです。

◆だるまさん「の」で成長を実感

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

だるまさんの

著者名
かがくいひろし/さく
出版社名
ブロンズ新社
税込価格
935円

↑だるまさんがアイテムを装着。最初はメガネ。他にも色々出てきます。

物を指さして、なんとな~く名前っぽい言葉が言えるようになってきた頃は、2冊目の「の」がお気に入り。
表紙でだるまさんがメガネを掛けているのが、何だか妙に面白いらしく、「メガネ」とはハッキリ言えないながらも、私が掛けているメガネと同じ物だと分かっているようで、私の顔を指さし、だるまさんのメガネを指さし、ケラケラ笑っていました。

「て」のページで、だるまさんの手と自分の手を重ねて見比べたり、私の手を握ってみたり・・・。
物と物を比べる遊び方もしているようでした。
何だかちょっと成長を感じてホロリ。(涙)

◆だるまさん「と」で一緒に遊ぼう

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

だるまさんと

著者名
かがくいひろし/さく
出版社名
ブロンズ新社
税込価格
935円

↑手をつないだこれは・・・苺さん?他にも色んな「おともだち」が登場。

少し大きくなってきた頃は、3冊目の「と」が一番のお気に入りになったようです。
「と」では、だるまさんだけでなく、だるまさんといちごさん、バナナさん、メロンさんが登場。
バナナが大好きなので、バナナのページで大興奮。
ひとしきり笑った後は、おやつに一緒にバナナを食べました。
メロンを欲しがったらどうしようかと思った。(笑)

◆読み聞かせって、難しいですよね。

3冊とも、「だ・る・ま・さ・ん・が~~~?」のリズムで、ページをめくって、爆笑!の流れで、これが何ともまぁ、面白い。
それぞれ、「だるまさんの~?」だったり、「バナナさんと~?」だったりしますが、この「だ・る・ま・さ・ん・が~~~?」のテンポが妙な間を作って、子どもはニヤニヤ、ページをめくって、爆笑!
膝の上に乗せて体を揺すったりしちゃって!?お、喜んでるんじゃあないかい!?

読み聞かせなんてやったことないよ、という父親の私でも、読み聞かせがちゃんとできている気がする!

ちょっと親の自信にも繋がりますね。

◆目指せ、読み聞かせデビュー!

そんなワケで、お店で「最初にプレゼントする本を探してるんだけど」と聞かれた時は、まずこの本をオススメすることにしているのです。
子どもは絵本デビュー!親は読み聞かせデビュー!で、どうでしょう?

書いた人:コーヒー飲み太郎(ルビットタウン中津川店)

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

だるまさんギフトボックス 3巻セット

著者名
かがくいひろし/さく
出版社名
ブロンズ新社
税込価格
2805円

↓お店でお探しの方はこのPOPが目印!!

この記事は役に立ちましたか?

1