menu open

【0歳~】最初の絵本に出会うおてつだい

2021年11月25日 投稿

産まれて最初の絵本『ファーストブック』

こんにちは、3歳男児と奮闘しているりんりんです。
私の住んでいる名古屋市天白区では、最初の健診時に絵本を一冊プレゼントする取り組みをしています。

ファーストブックって、産まれて最初の絵本なので、
どれを選んであげたらいいのか、本屋さんに行くとたくさんあって迷いますよね?

「うちの子、どれが好きかな」
「気に入るかな~? 見てくれるのかな」

定番の0歳から楽しめる絵本、読んであげたい絵本の紹介です

「なんか帽子かぶってるねぇ(#^^#)」

にこにこかわいい笑顔とはっきりした色が目を惹きます。
2か月ぐらいの乳幼児からだんだんと見えてくる視界に楽しい絵本です。
中の言葉がシンプルで、読んであげたいように読んであげられる。読み手が慣れてくると
セリフをつけてみたり、指でしましまをなぞって話してみたり、思い思いに読んでください。
うちの子はしゃべれるようになってくると、「なんか帽子かぶってるねぇ」とツッコんでいました。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

しましまぐるぐる

著者名
かしわらあきお/え
出版社名
学研
税込価格
968円

おでかけ前にかばんに「スッ」

くりかえしの言葉は幼いころから馴染みやすいとききます。
そんな言葉のつまった絵本です。
おうちの中で耳にする音「じゃあじゃあ」とか、身近な「わんわん」とか
はっきりした絵に加えて、この絵本の良い点は、持ち運びやすいサイズ。
うちではかばんに入れておでかけ先へ持っていけるので、色んな場所で見せていました。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

じゃあじゃあびりびり

著者名
まついのりこ/作・絵
出版社名
偕成社
税込価格
660円

ずっと走ってるから

「いっぱい乗ったね~」「どこに行くんだろうね~」とおはなししながら読んでいました。
気に入ったうちの子は「のせてくださーい」「いーいーよー!」
「ありがとうー」のほかにセリフのないページをめくる間にも絶えず
『がたんごとん、がたんごとん』と話すことを要求してくるので
一冊読みきかせ終わるころには、口が乾く親でした。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

がたんごとんがたんごとん

著者名
安西水丸/さく
出版社名
福音館書店
税込価格
880円

おしまいに

いかがでしたでしょうか。
一番のおすすめは『しましまぐるぐる』です。
にこにこかわいい絵なので、あかちゃんと一緒に楽しめますよ。
このシリーズはいくつか出版されていて、ベビーカーにつけるような
フワフワタイプのものもあります。
子どもに絵本を選びたい皆様の、参考にしていただければ幸いです。

書いた人:3歳児と奮闘しているりんりん

この記事は役に立ちましたか?

0