menu open

書店員はじめ出版社業界人から面白さお墨付き!『葬送のフリーレン』【3月16日更新】

2020年3月16日 投稿

マンガ界各賞総なめ!?人と過ごす時の大切さを教えてくれる作品

乙川店担Yです!

1巻連載当初から推し続けた本作ですが、
2020年・2021年の漫画系の賞にノミネート&大賞を受賞するなど
担Yのお店では『鬼滅の刃』『呪術廻戦』『怪獣8号』など
飛ぶ鳥を落とす勢いの作品に次いで売れてる、
まさに超新星です!


【2021年3月16日更新】
マンガ大賞2021 な、な、なんと1位に!!!パチパチパチ
全店で猛プッシュします!!!




今回はここを見てほしいという注目ポイントを
いくつかまとめました↓↓↓

【ココが面白い!その①「物語は魔王を倒した後日譚」】

物語は勇者一行が魔王を倒した後から始まります。
主人公はそのパーティの一員であるエルフの魔法使い・フリーレン。
ファンタジーでは見どころでもある、敵とのバトルやアクションシーンは終わっています。

【ココが面白い!その②「人間とエルフの時間の感覚の違い」】

エルフのフリーレンは、人間と比べものにならないほど寿命が長いです。
勇者たちとの旅も人生そのものではなく、彼女にとってはほんの少しの時間。
作中では、自分だけが何も変わらないのに、共に旅をした勇者や僧侶が年老いて、
死んでいく様子が描かれています。
年老いた勇者の死を目の当たりにし、自身と比較した彼女の口からは
「人間の寿命は短いとわかっていたのに、なんでもっと知ろうとしなかったんだろう」
という後悔の言葉が涙とともに出てきました。
そこから「人間の時間」を大切にしつつ、彼女の旅を続けるのです。

【ココが面白い!その③「時間が流れる描写」】

かつての仲間に頼まれ、魔法使いの弟子を持ち、新たに魔法探しの旅に出るフリーレンですが、
エルフの時間感覚を表現したような、時間が流れる描写も見どころのひとつです。
数ヶ月や半年、あるいは何年もの月日の出来事が、まるで思い出のアルバムのように
見開き1ページ程度でセリフなしで表現されています。
逆に彼女の気づきや心情、過去描写などはすごく細かくゆっくりと描かれている印象でした。

書いた人:担Y(乙川店)

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

葬送のフリーレン VOL.1

著者名
山田鐘人/原作 アベツカサ/作画
出版社名
小学館
税込価格
499円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

葬送のフリーレン VOL.2

著者名
山田鐘人/原作 アベツカサ/作画
出版社名
小学館
税込価格
499円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

葬送のフリーレン VOL.3

著者名
山田鐘人/原作 アベツカサ/作画
出版社名
小学館
税込価格
499円

この記事は役に立ちましたか?

1