menu open

中学生におすすめの感動小説5選

2023年1月18日 投稿

感動したい。

心を揺さぶるような物語が読みたい。

感動できる小説って何があるか知りたい。

 

中学生の方々へ、私がおすすめする感動小説を紹介します。

 

私は大の読書好きで、三洋堂サイトの会員です。

三洋堂書店さんのページをお借りして、私が読んで特に感動した小説を5つに厳選して紹介していきますね。

紹介させて頂くのは、下記5作品です。

途中、私が実践している面白い本の見つけ方も併せてお伝えしていきます。

 

 

『カラフル』/森絵都

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

カラフル

著者名
森絵都/著
出版社名
文藝春秋
税込価格
715円

■あらすじ

不朽の名作が、ついに文庫化!

生前の罪で輪廻サイクルから外されたぼく。

だが天使業界の抽選に当たり、自殺を図った少年の体へホームステイ。
新生活が始まった。

「おめでとうございます、抽選に当たりました!」

生前の罪により、輪廻のサイクルから外されていた僕の魂は、天使業界の抽選によって再挑戦のチャンスを得た。

それは、自殺を図った少年、真(まこと)の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならない修行だった。

天使のガイドのもと、真として過ごすうちに、僕は家族や友人の欠点が見えてくるようになって……。

深刻なテーマを、森さんならではのユーモアで包み、あたたかくホロリとさせる不朽の名作、ついに文庫で登場です。

(出版社公式HPより)

★おすすめポイント

この小説がおすすめできる点は、人間とは?ということを学べるところです。

人には、人それぞれの見え方があって、置かれた環境によっていかようにも変化するということ。

また、内容はシンプルで、漫画のようなストーリー展開ですので読みやすいと思います。

一度死んでしまった人が人生をやり直せるチャレンジができるという冒頭から、結末までどんどん読み進めることができます。

普段あまり小説を読まない方でも、割とすっと内容が入ってくると思います。

更に、些細なすれ違いから生まれる誤解もこの小説には描かれています。

誤解をしないように、面と向かって話をすることの大切さも学べます。

感動できる内容ながら、読んだ後にはスカッと爽やかな気持ちになれる小説です。

 

 

『君の膵臓をたべたい』/住野よる

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

君の膵臓をたべたい

著者名
住野よる/著
出版社名
双葉社
税込価格
733円

■あらすじ

ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。

タイトルは「共病文庫」。

それは、クラスメイトである山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。

そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。

読後、きっとこのタイトルに涙する。

デビュー作にして2016年本屋大賞・堂々の第2位、75万部突破のベストセラー待望の文庫化!

(出版社公式HPより)

★おすすめポイント

この小説のおすすめポイントは、とにかく心温まるストーリー展開です。

特に、全く違う二人が、物語が進むにつれてどんどんお互いを必要とし、そして成長している様が生き生きと描かれています。

また、人生の儚さについても考えさせられます。

最後の展開に、私は頭が真っ白になってしまいました。

でも、その後に綴られる言葉に、すごく胸が締め付けられました。

ネタバレになるのでここでは多くは語りませんが、最後のオチについても私は好きです。

全体的には恋愛小説のような雰囲気ですが、生き方についても考えさせられる名著です。

 

 

『西の魔女が死んだ』/梨木香歩

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

西の魔女が死んだ

著者名
梨木香歩/著
出版社名
新潮社
税込価格
605円

■あらすじ

大好きなおばあちゃんは本物の魔女。

生きる力も本物だった――。

それからの物語「渡りの一日」併録。

中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女まいは、季節が初夏へと移り変るひと月あまりを、西の魔女のもとで過した。

西の魔女ことママのママ、つまり大好きなおばあちゃんから、まいは魔女の手ほどきを受けるのだが、魔女修行の肝心かなめは、何でも自分で決める、ということだった。

喜びも希望も、もちろん幸せも……。

その後のまいの物語「渡りの一日」併録。

(出版社公式HPより)

★おすすめポイント

この小説の一番のおすすめポイントは、登場人物たちの心の描写です。

実に美しく描かれているのが特徴です。

美しさの中にも、生きていくうえで大切なことを伝えようとする魔女。

祖母と孫の会話ですが、学ぶべきことが多すぎます。

人生訓にもなる言葉が詰まっています。

私がこの小説を読んだのは大人になってからですが、現在中学生の方に是非読んで頂きたい小説です。

 

 

三洋堂サイト会員が実践している本の選び方

私がおすすめする感動小説の紹介の途中ですが、ここで面白い本の見つけ方について解説していきます。

私はこの方法で本を見つけているんです。

面白い本の見つけ方

・ECサイトのランキングを見る
・図書館で読んで面白かったら購入
・書店のランキングを見る

それでは一つずつ詳細をお伝えしていきます。

・ECサイトのランキングを見る

面白い本の見つけ方の一つに、ECサイトのランキングを見るという方法があります。

書籍のECサイトはスマホで簡単に閲覧ができます。

移動中やちょっとした空き時間にも見ておくといいでしょう。

ECサイトのいいところは、書店には置いていない本に出合うこともできるということ。

また、気になる本が見つかったらその場で購入することもできちゃいます。

三洋堂書店のランキングは公式サイトのトップページ下部に公開しています。

https://www.sanyodo.co.jp/

・図書館で読んで面白かったら購入

図書館で読んで面白かったら、本を購入するという方法もあります。

結末や内容が分かっている上で、それでももう一度読みたくなる本というのもあると思います。

本当に気に入ったら、手元に置いておきたくなります。

・書店に足を運ぶ

書店に足を運ぶことでも、面白い本は見つかります。

書店は流行の本を知ることができます。

話題の本や売れている本は目立つところにあると思います。

また、その書店独自のおすすめや、その書店の企画で、これまで自分が知らなかった新しい本との出会いも期待できます。

実は、おすすめ感動小説の3冊目に紹介させて頂いた「西の魔女が死んだ」。

出合いは、三洋堂書店の店舗でした。

当時、店内では「新潮文庫の100冊」という企画が開催されており、偶然目に止まりました。

そのタイトルに「?」となりました。

「西の魔女って何?」
「死んだ後の話?」

様々な想像をかきたてるタイトルでしたので、お話の内容が気になって購入。

読んでみたら本当に感動できる本で、おすすめしたくまでなるお気に入りの本になりました。

私は新しい本に出合いたくなった時には、書店に足を運ぶようにしています。

 

 

『博士の愛した数式』/小川洋子

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

博士の愛した数式

著者名
小川洋子/著
出版社名
新潮社
税込価格
693円

■あらすじ

ぼくの記憶は80分しかもたない――あまりに悲しく暖かい奇跡の愛の物語。

[ぼくの記憶は80分しかもたない]博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた──

記憶力を失った博士にとって、私は常に“新しい”家政婦。

博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。

数字が博士の言葉だった。

やがて私の10歳の息子が加わり、ぎこちない日々は驚きと歓びに満ちたものに変わった。

あまりに悲しく暖かい、奇跡の愛の物語。

第1回本屋大賞受賞。

(出版社公式HPより)

★おすすめポイント

物語は静かに、そして流れるように進んでいきます。

これといって事件も起こりませんし、大きな変化もありません。

でも、だからこそ読み終わった後にはほのかな感動と優しさ、そして温かさが待っています。

特に、博士の数式や数学に対する愛情の深さは深く、私とルートも感化されていますが、読者のこちらまで感化されてしまいます。

また、博士の記憶は80分しか保たれませんが、3人の間には友人関係が築かれています。

とても温かい気持ちにさせられる名著ですので、是非お読み下さい。

 

 

『アルジャーノンに花束を』/著:ダニエル・キイス 訳:小尾芙佐

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

アルジャーノンに花束を

著者名
ダニエル・キイス/著 小尾芙佐/訳
出版社名
早川書房
税込価格
1,078円

■あらすじ

世代を超えて読み継がれてきた感動作

32歳になっても幼児なみの知能しかないチャーリイ・ゴードン。

そんな彼に夢のような話が舞いこんだ。

大学の先生が頭をよくしてくれるというのだ。

これにとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に検査を受ける。

やがて手術によりチャーリイの知能は向上していく…

天才に変貌した青年が愛や憎しみ、喜びや孤独を通して知る人の心の真実とは?

全世界が涙した不朽の名作。

著者追悼の訳者あとがきを付した新版。

(出版社公式HPより)

★おすすめポイント

この小説のおすすめポイントは、主人公の日記形式で物語が進むところです。

最初は知能が低いのですが、徐々にIQが高くなっていく過程の主人公の心情がよく読み取れます。

また、知能が高くなったばっかりに行動が変わって周囲との確執が生まれたり、周りの人との接し方が変わっていく様を主人公の目から観察することができます。

主人公はとても純粋です。

だからこそ、切ない。

加えて、主人公の周りにいる登場人物たちも人間らしく生きています。

冒頭は知能が低い主人公が書き手なので、誤記等もあり読みにくいところもあると思います。

でも、読み進めて行くうちに、この冒頭がいいアクセントになっていることが分かると思います。

是非、最後まで読んで頂きたいです。

まとめ

ここまで、三洋堂サイト会員の私が選ぶ、中学生におすすめの感動小説を厳選してご紹介してきました。

紹介させて頂きました本は、三洋堂書店ホームページからご購入頂くことができます。

▼商品検索はこちら
https://www.sanyodo.co.jp/login/lookup

私は本の注文の他に、会員限定のクーポンやお店の在庫のお取り置きサービスも使えるので重宝しています。

この記事が参考になった方は、是非、三洋堂書店の会員登録もしてみてくださいね。

▼新規会員登録はこちら
https://www.sanyodo.co.jp/login/signup

この記事は役に立ちましたか?

1