menu open

町田康さん直伝!禁酒ってすばらしい!!

2020年11月17日 投稿

酒を飲んでも飲まなくても、人生はさみしい

30年間毎日酒を飲み続けた作家、町田康がある日突然「禁酒」を決意する。町田さんに何が起きた?

【こんな人にオススメ】

・「No alcohol,No life」な方
・「大酒飲み」の気持ちは知りたい方=しらふで生きている方
・なんとなく日常に不満のある方

【あらすじ】

「名うての大酒飲み」として知られた町田康さん。

4年前のある日なんとなく「酒をやめる」

酒をやめると決断した日から、「なぜ人は酒を飲むのか?」という問いの答えを考える、考える、考える。そして、考え抜いた先に町田さんが見つけた答えとは

【『しらふで生きる』のここがポイント!】

◆”心境の変化?いずれ死ぬのに、節制など卑怯でないか“(酒を)なぜやめたか

なぜ酒をやめるなどという馬鹿げた(!)考えが頭に浮かんだのか?その事をはっきりさせない限り一歩も前には進めない。

再び酒をのむために、「酒をやめた」理由は見つかるのか?

なぜ酒をやめるなどという馬鹿げた(!)考えが頭に浮かんだのか?その事をはっきりさせない限り一歩も前には進めない。 再び酒をのむために、「酒をやめた」理由は見つかるのか?

「幸福」とは何か?
「普通」とは?
「人生」とは?

「でも、お酒くらい飲ませてよぅ」

という心の声と闘いながら辿り着いた、ある種哲学的答えとは?

「幸福」とは何か? 「普通」とは? 「人生」とは? 「でも、お酒くらい飲ませてよぅ」 という心の声と闘いながら辿り着いた、ある種哲学的答えとは?

「幸福」とは何か?
「普通」とは?
「人生」とは?

「でも、お酒くらい飲ませてよぅ」

という心の声と闘いながら辿り着いた、ある種哲学的答えとは?

【一言】

禁酒に関する自問自答の中にも町田さん特有ののユーモアをまぶした、ある種自己啓発エッセイ。
休日の明るい時間からビール片手にニヤニヤしながら読むのも良いかもしれません。あかんがな。

書いた人:熊猫(よもぎ店)

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

しらふで生きる 大酒飲みの決断

著者名
町田康/著
出版社名
幻冬舎
税込価格
1650円

↓お店でお探しの方はこのPOPが目印!!

この記事は役に立ちましたか?

0