menu open

【地元作家コラム:山本悦子 先生】~私と地元~ 地元はアイディアの宝庫

2022年6月3日 投稿

はじめまして

こんにちは。児童文学作家の山本悦子です。 愛知県半田市生まれの半田市育ちです。10年ほど前までは小中学校の教員をしていましたが、今は執筆に専念しています。

2011年に『がっこうかっぱのイケノオイ』(童心社)で全国青少年読書感想文コンクールの低学年の部の課題図書に選ばれました。2017年に、『神隠しの教室』(童心社)で第55回野間児童文芸賞をいただきました。

やっぱり地元の本屋さん!

わたしは、1996年、『ぼくとカジババのめだまやき戦争』(ポプラ社)でデビューしました。

デビュー前にポプラ社に打合せにいったとき、社長さんにお目にかかる機会がありました。そのときに、「地元で一番親しまれている本屋さんは、どこですか?」と聞かれました。

「三洋堂書店さんです」

わたしは、即座に答えました。三洋堂書店半田店さんは半田市内では一番品揃えがよく、書店好きのわたしとしてはイチオシの本屋さんだったからです。

「じゃあ、三洋堂書店さんにたくさん置いてもらえるようにしましょう」

社長さんは、そう約束してくださいました。 その後、そろそろ本が棚にならぶであろうと思われる日に、ドキドキしながら三洋堂書店半田店さんに行きました。

ホントにあるのかな? 恐る恐る児童書売場をのぞくと、……ありました! わたしの本が! 平積みされています。うれしくてうれしくて。何度も見直し、店内を一周してもう一度見て、駐車場まで行って、もう一度店内にもどって確認。何度見ても平積みされてる! それはもう、夢のような光景でした。

フォア文庫『ポケネコにゃんころりん』シリーズ(童心社)を最初に平積み展開してくださったのも、三洋堂書店半田店さんです。勇気を出して児童書担当の方にお礼を言いに行くと、「半田の方なんですね。頑張ってください」と励ましてくださいました。このとき初めて、地元の書店さんの温かさとありがたみを感じました。

地元から生まれた物語

半田市生まれ、半田市育ちのわたしの地元はもちろん半田市ですが、もう一つ、勝手に地元と思っている町があります。長く教員時代を過ごした愛知県碧南市です。ここは第二の故郷。大好きな町です。

わたしの作品には、たいていこの二つの地元のどちらかがでてきます。たとえば、『先生、感想文、書けません!』(童心社)に出てくる海辺の神社は、半田市の神前神社をイメージしています。こどもたちが木陰にすわってお話を書く校庭のクスノキは、碧南市の鷲塚小学校にあるクスノキです。また、また「ボーダレス・ケアラー 生きてても、生きてなくてもお世話します」(理論社)は、うちの近所の町並みをベースにして書きました。この物語でネタにつまって苦しんでいるとき、突破口となるヒントをくれたのは、半田市立図書館の職員さんだったりもします。

そして、お話に出てくる子どもたちのイメージは、教員時代に担任した碧南市の子どもたちです。子どもたちと過ごした毎日が、そのままお話になっていることもあります。日本語の話せないブラジル人の子を担任したときの思い出から「がっこうかっぱのイケノオイ」(童心社)が生まれました。宿題をわすれたら上手にウソをつこうと提案する『先生、しゅくだいわすれました』(童心社)は、クラスの子どもたちの宿題をわすれた際の言い訳があまりにつまらなかったので、「もっとおもしろい言い訳をしてほしいな」と。そんなやりとりからヒントを得ました。

地元と、地元の子どもたちと過ごした日々が、わたしの執筆の必須アイテムなのです。

新刊が出るたびに、近所の小学校に本を進呈するのですが、顔見知りの子どもたちは、「おもしろかったよー!」と学校帰りに声をかけてくれます。犬の散歩をしていると、「うちにも犬がいるよ」と話しかけてくれる子もいます。いつか、この子たちをイメージしたお話も書きたいなと考えています。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

先生、感想文、書けません!

著者名
山本悦子/作 佐藤真紀子/絵
出版社名
童心社
税込価格
1,320円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

先生、しゅくだいわすれました

著者名
山本悦子/作 佐藤真紀子/絵
出版社名
童心社
税込価格
1,210円

地元にいるからこそ

お話を読んだり書いたりするのが大好きだった、田舎(って言うと叱られるかもしれないですけど)の小学生が、そのまま田舎で作家になりました。都会に住まなきゃ作家になれないかと思いましたが、全然そんなことはありませんでした。むしろ、地元にいるから書けるのです。地元は、創作のアイディアの宝庫です。

地元にヒントをもらい、助けられ、たくさんの作品を書いてきました。おそらく今後も地元が出てくる物語を書き続けると思います。地元の皆様、いつの間にかモデルにされていても、どうか怒らないでください。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

がっこうかっぱのイケノオイ

著者名
山本悦子/作 市居みか/絵
出版社名
童心社
税込価格
1,320円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

神隠しの教室

著者名
山本悦子/作 丸山ゆき/絵
出版社名
童心社
税込価格
1,760円

この記事は役に立ちましたか?

4