menu open

夏本番、間近!《第14回 三洋堂書店便り》

2021年6月16日 投稿

こんにちは、一般書・文庫バイヤーのMです。

仕入れの部数で迷った時は度々相談しあうほど仲が良いバイヤーチームなのですが、ひとつだけ数年前から決着がついていない論争があります。
それは東海地方のソウルフード「スガキヤ」夏の風物詩である、

「ざるラーメン」
醤油つゆとごまつゆーどちらがうまいか
論争

必ず2種類のつゆが付き、しかも麺1.5倍というやさしさ溢れるざるラーメン。

つるっとしたさわやかな喉越しが夏を演出していると言い張る、醤油つゆ派の一般書バイヤーM!
VS
濃厚さと清涼感を見事に一体化させ、もはや芸術作品として昇華させていると言い張る、ごまつゆ派のコミックバイヤーT!

毎年両者一歩も譲らず、激しい(どうでもいい)舌戦の末、一緒に食べる時はお互いの醤油つゆとごまつゆを交換すればいいじゃないのという折衷案で締め括られる本論争。

…みなさん、今年もざるラーメンの夏がやってきますー。

ちなみに、
「お給料日前でも高級感を求めてラーメンを玉子入りラーメンにするかどうか論争」や
「ソフトクリームはラーメンと同時注文するか食後に頼むか否か論争」
もあるのですが、ページがいくらあっても足りないので割愛いたします。


それはさておき。
今週も売場からおすすめ商品を紹介していきます!

元殿様の知られざる生き様

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

殿様は「明治」をどう生きたのか

著者名
河合敦/著
出版社名
扶桑社
税込価格
880円

版籍奉還、廃藩置県によって土地を奪われ、支配者の地位から転落した元殿様たち。
多様な元殿様の「その後」の中から、特に波瀾万丈な人生を送った十四人の元殿様の知られざる生き様を、人気歴史研究家の河合敦先生が紹介する一冊。

NHK大河ドラマ「青天を衝け」でも、明治維新後の徳川慶喜(江戸幕府最後の将軍)が描かれており、話題ですね。
7月には2巻も文庫版で発売になるのでおすすめです。

リボルバー

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

リボルバー

著者名
原田マハ/著
出版社名
幻冬舎
税込価格
1,760円

「ファン・ゴッホは、ほんとうにピストル自殺をしたのか? 」
「――殺されたんじゃないのか? ……あのリボルバーで、撃ち抜かれて。」
誰が引き金を引いたのか?
「ゴッホの死」。
アート史上最大の謎に迫る、著者渾身の傑作ミステリ。

美術ミステリといえばこの方、原田マハ先生の最新作!
今作も「ゴッホ愛」が溢れすぎて止まらない一作になっています。
ちなみに、原田マハ先生のペンネームがフランシスコ・ゴヤの油絵「着衣のマハ」「裸のマハ」に由来するって知ってましたか?

慟哭のミステリ

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

あの日、君は何をした

著者名
まさきとしか/著
出版社名
小学館
税込価格
792円

北関東の前林市で暮らす主婦の水野いづみ。
平凡ながら幸せな彼女の生活は、息子の大樹が連続殺人事件の容疑者に間違われて事故死したことによって、一変する。
大樹が深夜に家を抜け出し、自転車に乗っていたのはなぜなのか。

十五年後、新宿区で若い女性が殺害され、重要参考人である不倫相手の百井辰彦が行方不明に。
無関心な妻の野々子に苛立ちながら、母親の智恵は必死で辰彦を捜し出そうとする。
捜査に当たる刑事の三ツ矢は、無関係に見える二つの事件をつなぐ鍵を掴み、衝撃の真実が明らかになる。

売れています!
前回ご紹介した『殺した夫が帰ってきました』とあわせて、しばらくミステリ小説のイチオシタイトルになりそうです。
後半の真相解明部分は鳥肌が立ちます。

課題図書・推薦図書フェア開催中!

今年もやってきました!
課題図書・推薦図書のフェアを開催中です!

小・中学生の夏休み用の本と思われがちですが、親子で読める名作揃いです。
小学1年生から4年生までのおすすめ図書を、児童書バイヤーが記事で紹介していますので、ぜひ下記リンクボタンからご覧ください!

また、夏の図鑑や文庫・コミックのフェアはこれから7月上旬にかけて大展開が始まります。
こちらは別の機会に記事とあわせてご紹介しますので、お楽しみに!

今週のバイヤーのイチオシ

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

完璧な母親

著者名
まさきとしか/〔著〕
出版社名
幻冬舎
税込価格
759円

流産を重ね授かった最愛の息子が池で溺死。
絶望の淵で母親の知可子は、息子を”産み直す”ことを思いつく。
同じ誕生日に産んだ妹に兄の名を付け、毎年ケーキに兄の歳の数の蝋燭を立て祝う妻の狂気に夫は怯えるが、知可子は歪な“完璧な母親”を目指し続ける。
そんな中「あなたの子供は幸せでしょうか」と書かれた手紙が―。

先程ご紹介した『あの日、君は何をした』まさきとしか先生の別作品です。
家族の「狂気」という点では共通したテーマだと思います。
物語の後半をどう読むか……二作併せてぜひどうぞ!

※こちらは店頭在庫が少ない商品なので、ご購入の方はぜひ送料無料の商品取り寄せサービスをご利用ください!



書いた人:一般書・文庫バイヤーM
今週の好きな言葉
「あなたが転んでしまったことに関心はない。そこから立ち上がることに関心があるのだ」
(エイブラハム・リンカーン/第16代アメリカ合衆国大統領)

三洋堂書店便りは毎週水曜日更新。
よければ「役に立った」ボタンで応援よろしくお願いします!
ツイッターもやっています。

この記事は役に立ちましたか?

12