menu open

「はしごしゃののびるくん」愛知県岩倉市の消防士さんのご協力で製作されたえほんです!

2021年7月12日 投稿

児童書バイヤーのHです。

珍しい車や大きな乗り物を見るとなぜか自然とテンションが上がりませんか?

乗り物好きのお子様はもちろん、大人まで皆におススメの絵本をご紹介します。

愛知県岩倉市消防署の取材協力で生まれた絵本

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

はしごしゃののびるくん

著者名
正高もとこ/作 鎌田歩/絵
出版社名
岩崎書店
税込価格
1430円

かっこよくて魅力的な消防車や救急車が子どもたちの目をひきつけます。
それもそのはず、実在する消防署が全面的に取材協力して出来上がった絵本なのです。

今回三洋堂書店のために特別に撮影頂いたはしご車の貴重な写真をいくつかご紹介します。

かっこいい!!

激レア!!

みんなのにんきものなのに、いつもおるすばん。

ちょっと写真に興奮してしまいましたが、落ち着いて内容のご紹介を。
主人公「のびるくん」は、「大きくてかっこいい!」とみんなが憧れるはしご車です。
でもいつも留守番で少し落ち込んでいます。「あぁ、ぼくもかつやくしたいなぁ…」
そんなある日、ついに出番がやってきます!

さびしくて落ち込んだり、活躍できて喜んだり。毎日を頑張る人間のように表情豊かなのびるくん。
読み聞かせをするママやパパもお子様以上に感情移入してしまうかも?

なお、同じ消防署ではたらく救急車のぴーとくんも悩みを抱えている模様。
よろしければあわせてご一読ください。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

きゅうきゅうしゃのぴーとくん

著者名
正高もとこ/作 鎌田歩/絵
出版社名
岩崎書店
税込価格
1430円

みんなが助け合う大切さを伝える乗り物絵本

街の人たちをまもるため、生き生きと活躍する消防署のくるまたち。
活躍する場所はそれぞれであること。みんなの個性を活かして協力し合うことを教えてくれます。
お子様がはしご車を見かけたら、「今日は出番だね。頑張れ!」と応援したくなると思います。


三洋堂書店は地元を応援します!

見どころいっぱいの「はしごしゃののびるくん」を、愛知県内を中心に三洋堂書店で全力応援中です!
ぜひ店頭で「のびるくん」の活躍をお子様と一緒にご覧になってみてください。


※書いた人:バイヤーH
読書原体験:五味太郎「たべたのだあれ」
最新の読書:一穂ミチ「スモールワールズ」

この記事は役に立ちましたか?

2