menu open

大人の心にしみる絵本

2020年12月21日 投稿

絵本のいいところは、数十分の読書でたくさんのわくわくやドキドキを体験できるところだと思います。
時にはその体験が、一生の心の宝物になることもあります。

大人の人にこそ読んでみてほしい、心に響く絵本を集めました。
あなたの大切な家族や恋人・友人への贈り物にもおすすめです。


ただひたむきであることの偉大さ

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

木を植えた男

著者名
ジャン・ジオノ/原作 フレデリック・バック/絵 寺岡襄/訳
出版社名
あすなろ書房
税込価格
1760円

南仏プロヴァンスの荒れ地に、人知れず木を植えた男がいた。
一日に100個のどんぐりを植え、無事に育つのがその10分の1ほど。
時には苗が全滅することもある。
絶望も、二度の大きな戦争も物ともせず、30年以上に渡る長き年月、ひたすらに自分の仕事に打ち込んだ男のもたらしたものとは?

個人的に、私が中学生の時に学校の図書室で出逢ってからずっと大切にしている一冊。
苦しい時、うまくいかない時に読んでみてほしい絵本です。


そうです、ヴァージニア。サンタクロースはいるのです。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

サンタクロースっているんでしょうか? 改装

著者名
〔フランシス=P=チャーチ/著〕 中村妙子/訳 東逸子/画
出版社名
偕成社
税込価格
880円

サンタクロースって、いるんでしょうか?
そんなしつもんに、ぴたりとこたえた人がいます。
いまから90年ほどまえのアメリカのニューヨーク・サンというしんぶんにでた社説です。
この本は、その社説を訳くしたものです。

この本には、ふたつの普遍的で大切なことが書かれています。
ひとつは、目に見えないものの中にも、大切なことがあるということ。
もうひとつは、子どもからの質問をごまかさず、真面目に真摯に答えることの大切さです。


いつも、いつまでも、一緒にいられますように 。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

しろいうさぎとくろいうさぎ

著者名
ガース・ウイリアムズ/ぶん・え まつおかきょうこ/やく
出版社名
福音館書店
税込価格
1320円

しろいうさぎとくろいうさぎは、毎日いっしょに遊んでいました。
でも、くろいうさぎはときおり悲しそうな顔で考えこんでいます。
心配になったしろいうさぎがたずねると「ぼく、ねがいごとをしているんだよ」と、くろいうさぎはこたえます。
くろいうさぎが願っていたのは、しろいうさぎといつまでも一緒にられることでした。
それを知ったしろいうさぎはどうしたでしょうか?

あなたに本当に大切にしたい人が出来た時、一緒に読んでほしい一冊。


かけがえのないもの

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

こんとあき

著者名
林明子/さく
出版社名
福音館書店
税込価格
1430円

こんは、あきのおばあちゃんが作ったキツネのぬいぐるみです。
あきが成長するにつれ、こんは古びて、腕がほころびてしましました。
あきはこんを治してもらうため、こんと一緒におばあちゃんの家にでかけます。
あきは、電車でこんとはぐれたり、犬に連れさられたこんを探したりと、何度も大変なめにあいます。
こんとあきは無事におばあちゃんの家にたどりつくことができるのでしょうか?

互いがかけがえのない存在であるこんとあきの冒険の物語。
ずっと昔、あなたのそばにもこんのような大切な人形やおもちゃがありませんでしたか?


「ルリユール」ということばには、「もう一度つなげる」という意味があるんだよ。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

ルリユールおじさん

著者名
いせひでこ/作
出版社名
講談社
税込価格
1760円

パリの路地裏に、ひっそりと息づいていた手の記憶。
本造りの職人から少女へ、かけがえのないおくりもの。

全編に溢れる、本に対する深い愛情に涙が出ます。
自分だけの一冊の本。
初めて読んだ時、自分もかつて子どもの頃に大好きな小説やマンガを手垢がつくまで何度も読んでいたことを思い出しました。
ネットですぐにあらゆるものが買えてしまう現代の私たちが、代わりになくしてしまった大切な何かを教えてくれる物語でもあります。


書いた人:一般書・文庫バイヤーM
子ども2人に自分の好きな絵本を読み聞かせしようとするものの、毎回別の本がいいと言われて読み聞かせの難しさを実感する日々。

この記事は役に立ちましたか?

2