menu open

親子で読みたい 大切なこと

2021年1月22日 投稿

多様な価値観の中で、自分で考え判断して不透明な時代を生きていく。
これからの子どもたちのために、知っておきたいこと・語り合いたいこと・先人に学ぶ知恵など、おススメの4点をご紹介します。

★企業、自治体、学校で人気のSDGsの講座が書籍化★

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

お笑い芸人と学ぶ13歳からのSDGs

著者名
たかまつなな/著 佐藤真久/監修
出版社名
くもん出版
税込価格
1650円

政府、企業、学校などが取り組むSDGs(持続可能な開発目標)について、このようにお感じになっていないでしょうか。
そんなあなたに、お笑い芸人のたかまつななさんがやさしく解説!
たかまつさんは「笑って学ぶSDGs」という講座を全国の学校や自治体などに届けています。


刀の時代を頭で駆け抜けた最強の少年の話

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

幕末明治サバイバル!小説・渋沢栄一

著者名
加納新太/作 野間与太郎/絵
出版社名
KADOKAWA
税込価格
792円

気づいたら敵のトップ・将軍さまの家来になって、才能を見込まれて大出世!?
混乱の世の中を、頭脳ひとつでつきすすめ!


“ちがいをかんがえる”えほん。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

みえるとかみえないとか

著者名
ヨシタケシンスケ/さく 伊藤亜紗/そうだん
出版社名
アリス館
税込価格
1540円

うちゅうもちきゅうもいっしょだな。
おなじところをさがしながら、ちがうところをおたがいにおもしろがればいいんだね。


これまでになかった平和絵本!

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

へいわとせんそう

著者名
たにかわしゅんたろう/ぶん Noritake/え
出版社名
ブロンズ新社
税込価格
1320円

くらべてみると、みえてくる。
「へいわのボク」と「せんそうのボク」では、なにが変わるのだろう。
同じ人や物や場所を見開きごとにくらべると、平和と戦争のちがいがみえてくる。


書いた人:バイヤーH
最近の児童書を見ていると、今の子供たちは学ぶことが多くて驚きます。大人も頑張らないと。

この記事は役に立ちましたか?

1