menu open

運転免許試験対策には本が便利

2021年1月22日 投稿

ここ数年、多発している高齢者の運転による自動車事故。
多くの死傷者を出すケースも多いため、大きな社会問題になっています。
自主返納を考える前に試してみましょう!



脳科学・健康教育学者監修!!

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

知っておきたい!運転免許認知機能検査対策&問題集

著者名
篠原菊紀/監修
出版社名
ナツメ社
税込価格
990円

本試験と同形式の問題を5回分収録。
運転時認知障害の早期発見シート、免許返納の相談・手続き、コラムやエクササイズも多数掲載!


とっても読みやすくわかりやすい!

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

いちばんわかりやすい運転免許認知機能検査対策ブック

著者名
長信一/著 赤畑正樹/監修
出版社名
成美堂出版
税込価格
1100円

大判サイズと大きな文字で読みやすい!
絵の問題の全出題パターンを掲載しているから万全の対策ができる!
ほかの本ではピンとこない試験の流れもマンガでしっかり解説!


やさしくわかる検査の受け方

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

75歳からの運転免許認知機能検査がまるっとわかる本 やさしくわかる検査の受け方

著者名
出版社名
笠倉出版社
税込価格
990円

本書は、この検査のいちばん基本の部分、「検査ってどうやって受けるの」「いつから受けられるの? 」「検査によってどう変わるの? 」「いくらかかって、どこで受けるの? 」などの疑問にしっかりこたえる本です。これ1冊読めば、自分ひとりで更新までの流れのほとんどを把握できます。


安心して本番に臨めます!

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

これで安心!75歳からの運転免許認知機能検査テキスト&問題集

著者名
今野裕之/監修 ベスプラ/著
出版社名
KADOKAWA
税込価格
1100円

10万人の受検者データから認知機能検査を徹底分析。安心の対策法を伝授!初めて受ける方も多い認知機能検査は、該当しないのに「認知症のおそれあり」と判定される可能性があり、事前の準備が必要です。10万人の検査データから勘違いしやすいポイントを指南。安心して本番に臨めます!


認知機能を向上させる問題を多数収録!!

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

運転の認知機能を鍛える本 75歳からの認知機能検査が5分でわかる

著者名
広川慶裕/監修
出版社名
池田書店
税込価格
1045円

本書は「認知機能検査」の予約の仕方、概要、採点方法をできるだけわかりやすく解説し、本番の認知機能検査に沿ったフォーマットで、認知機能を向上させる問題を多数収録しています。また、監修者による安全運転を続けるための簡単なトレーニングや習慣も紹介しています。


シニアドライバーを強力サポート!!

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

運転免許認知機能検査過去問題集 シニアドライバーの受検を強力サポート

著者名
和田秀樹/監修
出版社名
メディアックス
税込価格
495円

75歳以上の高齢ドライバーが免許更新時に受ける「運転免許認知機能検査」。
その概要から過去問題までを掲載。


書いた人:バイヤーY

車に乗ることは、人の命を預かること。
自分に言い聞かせて、緊張感を持って運転していきます!!

この記事は役に立ちましたか?

1