menu open

一迅社「Comic REX」注目の異世界ファンタジーコミック!

2021年5月28日 投稿

こんにちは!
なろう系小説大好き書店員、JOHNです!
今回は小説の紹介ではなくWeb小説のコミカライズを2点ご紹介します!

Web版の小説を読むのもいいんですが、コミカライズって漫画ならではの良いところがいっぱいありますよね。

今回は作品の良いところにも触れつつ、漫画版だからこその魅力も語っていきたいと思います!!

wed小説発!魔力は無いがそれでも無双!

通常仕様の1巻はこちら↓

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

魔力0で最強の大賢者   1

著者名
色意 しのぶ 画
出版社名
一迅社
税込価格
715円

数量限定サイン本はこちら↓

2巻も予約受付中です↓

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

魔力0で最強の大賢者   2

著者名
色意 しのぶ 画
出版社名
一迅社
税込価格
715円

あらすじ

「わしは魔法など何ひとつ 使えはしないのじゃ…」

そう言い残し、この世を去った大賢者マゼル。

彼は生まれつき魔力0だが、“ある能力”により大賢者と呼ばれ200歳でその一生を終えた。
はずだったが、500年後に転生!
しかし魔力は相変わらず0だった!!

転生後の世界で子供となったマゼルは前世で培った“ある能力”、魔法に見えるけど魔法ではない――“物理”を使って最強の大賢者の名を世界に轟かせてゆく!

「小説家になろう」発、超正統派異世界ファンタジー!

担当注目ポイント!

極めた物理は魔法と見分けがつかない

主人公のマゼルは、魔力がないため魔法が使えません。
では何故前世では大賢者と呼ばれていたのか。

それが、物理の力です。

手刀を高速で振るうことで”真空波を発生”させたり”大声で超音波を発生”させ、敵を粉砕したりと起こっている現象は魔法と遜色ない…

どころかそれ以上の結果を生み出しています。

これは現実の世界でもそうなのかもしれませんが、何かを極めた人って常人には何が起こってるのかわからないことが多くありますよね。

しかしそこに行きつくまでには相当の努力が必要で、このお話の主人公のマゼルも前世でかなりの鍛錬を重ねていたものだと
思われます。

魔力がゼロでも、努力をした人が報われるのは見ていて気持ちのいいものですね。

漫画の表現がお見事!

小説と漫画の大きな違いは、やはり「見ただけで直観的に理解ができる」点にあると思います。

原作のWeb小説のほうで見せ場になるシーンをコミカライズの方でしっかりと目立つように描かれているため、誰が読んでもわかりやすい表現になっているのが印象的でした。

個人的に好きなのは前世の大賢者の偉業を、今のマゼルが知るシーンがいくつかあるのですが、そこのコマのマゼルのツッコミが面白くてしかたありません。

小説とは違った、コミカライズならではの良さ!

通常仕様の1巻はこちら↓

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

チートスキル『死者蘇生』が覚醒して、 1

著者名
りすまい 画
出版社名
一迅社
税込価格
748円

数量限定サイン本はこちら↓

2巻も予約受付中です↓

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

チートスキル『死者蘇生』が覚醒して、 2

著者名
りすまい 画
出版社名
一迅社
税込価格
748円

あらすじ

Sランクパーティに所属する主人公・リヒトは『死者蘇生』という特殊スキルを持つ
パーティは次第に『死者蘇生』を必要としなくなり不要とされたリヒトは、仲間の裏切りを受け国からの命令で理不尽にも処刑をされてしまう。

しかし、自身のスキルで蘇ったリヒトは裏切った仲間たち、そして国への復讐を誓い古いダンジョンに眠る魔王とその下僕を蘇らせて、仲間へと入れてもらう。

意外にもアットホームな魔王軍と共にリヒトは復讐を胸に、今日も魔王軍として一所懸命に活躍中。

担当注目ポイント!

暗い雰囲気だけではない復讐譚

この作品は主人公が人間たちに復讐をしていくという流れのお話ですが仲間になった面々が、結構ほんわかしておりところどころで和やかな空気にさせてくれます。

しかし、いざ戦闘になると残酷であったり狂気を感じさせる描写があり、話の根底は復讐譚であることを思い出させてくれます。

明るい話と暗い話、両方が楽しめる作品となっている面白い作りの作品です。

漫画だからこそ表現できる二面性

上記の注目ポイントで明るい話と暗い話、両方が楽しめる作品となっている面白い作りです。

とお伝えしましたが、コミカライズの特徴としてその表現が視覚的にわかりやすくなっています。

例えば、普段無表情ながら可愛らしい口調やコミカルな動きで和ませてくれる少女が戦闘シーンでは狂気の笑顔を浮かべ自らの喉を掻っ切っていたりします。

『魔力0で最強の大賢者~それは魔法ではない、物理だ!~』の注目ポイントでもお伝えしましたが、こういった視覚的なわかりやすさはコミカライズだからこそ味わえる特徴ではないでしょうか。

最後に一言

個人的な話なのですが私は好きな小説のコミカライズが出ると必ず目を通します。

やはり小説は小説、漫画は漫画でそれぞれ違った良さがありますので好きな物語を堪能するのなら両方見た方が良いと思うからです(さらにアニメ化とかになったら最高ですね!)。

今回紹介した2作品も元々はweb小説です。

検索をすれば小説版も読めますし『チートスキル『死者蘇生』が覚醒して、いにしえの魔王軍を復活させてしまいました ~誰も死なせない最強ヒーラー~』の方は書籍版の小説も出ています。

物語の細部ませで楽しみたいという方にはぜひとも小説の方も読んでみることをおすすめします。

それぞれの小説版はこちらから

魔力0で最強の大賢者~それは魔法ではない、物理だ!~
⇒小説家になろう ページ

チートスキル『死者蘇生』が覚醒して、いにしえの魔王軍を復活させてしまいました ~誰も死なせない最強ヒーラー~
⇒小説はこちら

書いた人:JOHN

三洋堂書店梅坪店にてファンタジー小説を担当するなろう系小説大好き書店員。

この記事を書いてる時期はちょうどモンハンライズにハマってる時期です。
大型アプデが楽しかったせいでポケモンスナップを買いそびれています…

こっちもこっちでやってみたいのですが……身体が二つあればいいのに……っ!!

お店のTwitterも担当しております!
なろう系ファンタジー小説の情報は三洋堂イチ多いと自負しております!!

この記事は役に立ちましたか?

0