menu open

「繊細さん」な人のための、心がすーっと楽になるヒント

2021年5月28日 投稿

よりぐっすり眠るために、涙を呑んで寝る前のエスプレッソを封印しました。
こんにちは、コーヒー飲み太郎です。
デカフェでおいしいコーヒー豆があったら教えて下さい(涙

ここ最近、テレビ番組などで「繊細さん」とか、
「HSP」といった言葉を耳にすることはないでしょうか。

心が敏感で、よく気がつく故に、他の人よりも傷つきやすい人たち。
心配性で、ずーっと考え事をやめられなかったりしませんか。

私もワリとそういった事で悩みがちです。
店長なので、ドーンと構えられたらカッコイイんですけどね(笑

そんな方々に、オススメの本をピックアップしてみました。
今回のテーマはこちら。

心がすーっと楽になるヒント

特にオススメの本はこれら3種類になります。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

「繊細さん」の本 「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる

著者名
武田友紀/著
出版社名
飛鳥新社
税込価格
1324円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法

著者名
田村耕太郎/著
出版社名
朝日新聞出版
税込価格
1430円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

他人を支配する黒すぎる心理術

著者名
マルコ社/編集
出版社名
マルコ社
税込価格
1430円

特に私がオススメなのは、1冊目の「繊細さんの本」です。
私はドA型なので、細かいことが気になって気になって。
完璧主義、というと聞こえはいいんですけどね。
アレやらなきゃ、コレはこうでなきゃ、で無理をして体調を崩しがちに。
そういう方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

繊細すぎるとダメなのか?
神経質なのはいけないことなのか?
そんな風に考えていましたが、この本が気持ちをラクにしてくれました。
それはそれで、その人の個性なんですね。
ラクに生きていくヒントをたくさん気づかせてくれます。

その他、人間関係に悩んでいる方々には、上記の2冊もオススメです。

今流行りの韓国系エッセイ

最近、韓国の作家さんが書いたエッセイ本がとても売れています。
「何がウケてるんだろう?」と思って調べてみると、
どうやら「自分らしく生きればいいじゃないか」というメッセージが、
現代人に突き刺さっているらしいですね。
特にこちら。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

私は私のままで生きることにした

著者名
キムスヒョン/著 吉川南/訳
出版社名
ワニブックス
税込価格
1430円

この本には、たくさんの名言が溢れておりまして、
それぞれが心をラクに、自分に少し自信を持てるようなヒントを与えてくれます。

世界にたった一人しかいない“自分”を大切にして生きていくために、
忘れないでほしい70のこと。

✓自分からみじめになってはいけない
✓誰かの期待に応えようとしてはいけない
✓自分が輝ける場所で生きていく
etc...etc...

分かってるんだけど、それが難しいんだよ・・・という方。
ぜひ、この本を読んでみて下さい。

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

頑張りすぎずに、気楽に お互いが幸せに生きるためのバランスを探して

著者名
キムスヒョン/著 岡崎暢子/訳
出版社名
ワニブックス
税込価格
1540円

同じ著者さんの、こちらの本も一緒にオススメです。

楽に生きてもいいじゃない

周りの期待に応えなきゃ!
常に全力を出し続けなきゃ!
身を削ってでも貢献しなきゃ!
などなど、自分の心を追い込んでしまっている皆さん。
ぜひ一度、これらの本をチェックしてみて下さい。

自分を大切にして、自分らしく生きてみませんか。

書いた人:コーヒー飲み太郎(長良店)
一日三杯のコーヒーを欠かさない書店員。
コーヒーの飲みすぎが原因か、若干不眠症気味に。
今度はおいしいデカフェ豆を追い求めて東奔西走。
オススメの珈琲豆情報お待ちしております。

この記事は役に立ちましたか?

2