menu open

こぐまちゃんとしろくまちゃん 絵本作家・わかやまけんの世界

2021年7月21日 投稿

児童書バイヤーのHです。

子どもの本の記事を(不定期に)書いていますので、よろしければご一読ください。

さて、今回は「こぐまちゃんえほん」でおなじみ、岐阜県出身の絵本作家わかやけんさんのご紹介です。

累計1,000万部以上!の大人気シリーズ

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

しろくまちゃんのほっとけーき

著者名
わかやまけん/〔絵〕 森比左志/〔文〕 わだよしおみ/〔文〕
出版社名
こぐま社
税込価格
880円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

こぐまちゃんとどうぶつえん

著者名
わかやまけん/〔絵〕 森比左志/〔文〕 わだよしおみ/〔文〕
出版社名
こぐま社
税込価格
880円

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

たんじょうび おめでとう

著者名
わかやまけん/〔絵〕 森比左志/〔文〕 わだよしおみ/〔文〕
出版社名
こぐま社
税込価格
880円

1970年に誕生してから50年以上、子どもたちにとって一番最初の友だちとして、世代を超えて愛され続けているシリーズ。
現在ボードブックや点字付きの絵本などを含め22点、累計1000万部以上が発行されています。

特に「しろくまちゃんのほっとけーき」は、見開きいっぱいに描かれたホットケーキの焼ける場面が大人気!
300万人以上の子どもたちに愛されて、今も読まれ続けているロングセラー絵本です。

「わかやまけん」ではなく、岐阜県出身

こぐまちゃんの絵を描いたわかやまけんさんは、「わかやま県」ではなく岐阜県岐阜市生まれ。
グラフィックデザインの世界から、絵本の世界へ入りました。

絵本を描いていた頃に、ちょうどこぐまちゃんと同じ年頃だったお子様たちが、こぐまちゃんのモデルになったとか。

こぐまちゃんのフォルムや色を決定づけたほか、タイトルの文字も自身でデザインされたそうです。
2015年に永眠された後も、子どもたちを魅了し続けています。

ジェイアール名古屋タカシマヤで展覧会開催!

ジェイアール名古屋タカシマヤの10階特設会場にて、わかやまけんさんの創作の全貌を紹介する展覧会が開催されます。
「しろくまちゃんのほっとけーき」をはじめ、初公開を含むリトグラフや原画を一挙に公開!!「こぐまちゃんえほん」の魅力と秘密に迫ります。

関連グッズも多数販売されるほか、こぐまちゃんと一緒に写真を撮れる撮影会や、たのしいおはなし会(ともに要整理券)も。
お子様とご一緒に、わかやまけんの作品世界をたっぷりと楽しまれてはみてはいかがでしょうか!?


人気の絵本を集めたフェアを展開中!

展覧会で原画が展示されている作品の中から特に人気作品を集めたフェアを、岐阜県と愛知県の店舗にて展開中です。
世代を超えて愛され続ける大人気えほんを、ぜひ店頭で手にとってご覧になってみてください。

書いた人:バイヤーH
「しろくまちゃんのほっとけーき」は、甥っ子が生まれた時にプレゼントしました!

この記事は役に立ちましたか?

2