menu open

児童書バイヤーがオススメするクリスマス絵本3作

2020年12月16日 投稿
心に残るプレゼントをクリスマスフェア

真冬の寒さの中で初雪がちらつく所もあり、いよいよクリスマスらしさを感じてきましたね。
たくさんのクリスマスの絵本が売り場に並んでいる中、
児童書担当バイヤーの独断?でオススメを選んでみました。
プレゼントはもう買った方も、まだまだ迷っている方も、よろしければ御一読ください。

表紙いっぱいに溢れる多幸感!サンタたちの秘密のお楽しみ

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

100にんのサンタクロース

著者名
谷口智則/作・絵
出版社名
文溪堂
税込価格
1,650円

サンタクロースが100人!というだけで何やらワクワクしてきます。
初めて読んでから何年かたちますが、未だにお店で見かけると手にとってページをめくってしまいます。
一仕事終えたサンタたちの秘密のお楽しみに、感情移入して楽しくなってくる!
子どもから大人までみんなにオススメできる鉄板のクリスマス絵本です。

サンタクロースにもオフシーズンの楽しみがある

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

サンタクロースの11かげつ すてきなきゅうかのすごしかた

著者名
マイク・リース/ぶん マイケル・G・モントゴメリー/え 三辺律子/やく
出版社名
岩崎書店
税込価格
1,540円

「11かげつ」というタイトルに、ちょっと笑ってしまいます。
12月以外はすべて休暇のサンタは何をして楽しんでいるのでしょうか?
意外と私達の近くで羽根を伸ばしているのかもしれませんね!
親子で読みながら想像を膨らませてみるのも楽しいと思います。

プレゼントしたくなる!冬の夜空とカラフルな街とサンタクロース

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

サンタさんのおとしもの

著者名
三浦太郎/作
出版社名
あすなろ書房
税込価格
1,100円

出版社さんから表紙を見せて頂いた時に一発で魅了されました。
多彩に描かれたクリスマスの夜の街が、とにかく美しいの一言。
手袋を拾った女の子と一緒に、サンタさんを探すのも楽しい。
親子でいっしょに楽しむのはもちろん、大切な人へのプレゼントにもオススメです。


いよいよ来週はクリスマス。
今回ご紹介した以外にも、店頭には楽しい本がたくさんあります。
お気に入りの1冊を見つけて、大切な人と楽しいひと時をお過ごしください。

書いた人:バイヤーH
子どもの本担当ですが、大人の本も好んで読みます。
読書原体験 五味太郎「たべたのだあれ」
最新の読書 遠田潤子「雨の中の涙のように」

この記事は役に立ちましたか?

6