menu open
  • 文庫
  • 日本文学
  • 宝島社文庫

大須裏路地おかまい帖 あやかし長屋は食べざかり

0/評価の数0
星5
0件
星4
0件
星3
0件
星2
0件
星1
0件
税込価格 715円店頭受取(送料無料・クレジットカード登録不要)

お気に入りリスト名

著者名 神凪唐州/著
出版社名 宝島社
出版年月日 2018年05月
ISBNコード 978-4-8002-8176-0(4-8002-8176-8)
頁数・縦 311P 16cm
シリーズ名 宝島社文庫 Cか-14-1

オススメコメント

名古屋は大須。様々な文化がごった煮のように入り交じるこの街では、人と“人ならざるモノ”も隣り合わせで暮らしている……。 北野諒は、小さな神社の新米神主である。そして神社の裏にある昔ながらの長屋は、実は妖怪たちが住む「あやかし長屋」。妖怪たちが「あやかしを見る力を持つ」諒を頼り、住み着いているのである。長屋には居酒屋が併設されており、夜は人間で賑わう。神社を保つための大切な収入源だ。妖怪たちの面倒を見つつ神社の経営に奮闘する諒だが、妖怪たちは次々に面倒な問題を持ち込んで……!?

カスタマーレビュー

※レビューは三洋堂書店の承認後に商品ページに公開されます。

あなたにオススメの商品