menu open

三洋堂書店便り《第5回》

2021年4月14日 投稿

こんにちは、一般書・文庫バイヤーのMです。

本当にまったくどうでもいい話ですが、パソコンのデスクトップの風景写真を1ヶ月に一度入れ替えて旅をする、「デスクトップ de 日本一周旅行!」を敢行中です。
愛知県から始まり、関西から四国・中国・九州地方を巡って沖縄県に到達。しかし、北部にあるウッパマビーチの風景が気に入ってしまい、3ヶ月ほど優雅にステイ中です。ビーチチェアに寝そべって飲むトロピカルなドリンク(名前わからん)、最高です。
……早く旅行に行けるようになるといいですね。

それはさておき。
今週も売場からおすすめの商品を紹介していきます!


2021年本屋大賞決定!

本日、2021年の本屋大賞が発表になり、町田その子先生の『52ヘルツのクジラたち』が大賞を受賞されました!
おめでとうございます!

例年通り、発表直後から全国の書店でお祭り騒ぎになっておりますが、三洋堂書店でも早速、大・展・開!中です!
入口正面の売場でコーナー展開していますので、お立ち寄りの際はぜひご覧ください。

ちなみに、今年は2位と3位が東海ご当地の作家様になります。
大賞に劣らず心に沁みる作品ですので、こちらもぜひ手にとっていただけるとうれしいです!

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

52ヘルツのクジラたち

著者名
町田そのこ/著
出版社名
中央公論新社
税込価格
1760円

2021年本屋大賞受賞作!

「わたしは、あんたの誰にも届かない52ヘルツの声を聴くよ」
自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれていた少年。
孤独ゆえ愛を欲し、裏切られてきた彼らが出会う時、新たな魂の物語が生まれる。


↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

お探し物は図書室まで

著者名
青山美智子/著
出版社名
ポプラ社
税込価格
1760円

2021年本屋大賞第2位!
著者の青山美智子先生は愛知県出身!

お探し物は、本ですか?仕事ですか?人生ですか?
悩める人々が立ち寄った小さな図書室。
不愛想だけど聞き上手な司書さんが思いもよらない選書と可愛い付録で人生を後押しします。
『木曜日にはココアを』の著者が贈る、明日への活力が満ちていくハートウォーミング小説。


↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

犬がいた季節

著者名
伊吹有喜/著
出版社名
双葉社
税込価格
1760円

2021年本屋大賞第3位!
著者の伊吹有喜先生は三重県出身!作品の舞台も三重県です!

1988年夏の終わりのある日、高校に迷い込んだ一匹の白い子犬。
「コーシロー」と名付けられ、以来、生徒とともに学校生活を送ってゆく。
初年度に卒業していった、ある優しい少女の面影をずっと胸に秘めながら…。

昭和から平成、そして令和へと続く時代を背景に、コーシローが見つめ続けた18歳の逡巡や決意を、
瑞々しく描く青春小説の傑作。


2分40秒のストップアニメーションの世界へようこそ

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

PUI PUIモルカー渋滞はだれのせい?

著者名
見里朝希/監修 シンエイ動画/監修
出版社名
フレーベル館
税込価格
1100円

くりっくりな目と大きな丸いお尻、トコトコ走る短い手足。
常にとぼけた顔で走り回る話題のモルカーが絵本になりました!

7/27(火)発売のBlu-ray/DVDも店頭・Web-shopの両方で予約受付中ですので、ぜひ絵本と併せてご家族でお楽しみください!

《眼圧》に注目した初めての健康書

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

眼圧リセット 手のひらマッサージで目の不調がスッキリ整う

著者名
清水ろっかん/著
出版社名
飛鳥新社
税込価格
1400円

売れています!

頭を1分ほぐすだけで「目がよくなる」。
6つの快感マッサージを試してみませんか?

リモートワークやスマホで目が疲れているな…という方は、仕事や家事のスキマ時間にぜひお試しください!


”ありがとう”の気持ちを込めて

5/9(日)は「母の日」ですね。

実はすでに1ヵ月をきっていますが、贈り物は決まっていますか?
三洋堂書店ではただいま「母の日」フェアを開催中です。
リラックスグッズやアイケアグッズなども取り揃えてありますので、ちょっとした贈り物を考えている方はぜひ店頭でご覧くださいね。


書店員の”愛(LOVE)”届けます

愛媛県の明屋書店さんと三洋堂書店の2社150店舗で、5月からコラボフェアを企画しています!

明屋書店は「大切」に出会える本
三洋堂書店は「勇気と笑顔」をくれる本

をテーマに、それぞれの地元作家様の作品や、バイヤーオススメの商品を店頭に並べます。

twitterでのプレゼントキャンペーンも実施中ですので、詳しくは下の記事をご覧ください!

今週のバイヤーのイチオシ

↑↑↑タップで詳細・注文へ↑↑↑

わたしの献立日記

著者名
沢村貞子/著
出版社名
中央公論新社
税込価格
754円

昭和の名女優として活躍した沢村貞子さんの献立日記。

膨大な数の献立表から、女優業がどんなに忙しいときも台所に立ち続けることで、いかに丁寧な暮らしを心がけていたのかが伝わってきます。
直接的な記述はほとんどないのですが、時折垣間見えるご主人への愛情も味わい深いものがあります。

忙しい毎日に、少し心の休憩を入れたい時におすすめの一冊です。


書いた人:一般書・文庫バイヤーM
沢木耕太郎先生の『深夜特急』を読んで、「味の素」の原材料がグルタミン酸ソーダと呼ばれることを知りました。

おすすめ新刊やフェア、気になる本のこと(時々なんの役にも立たないこと)などなどをツイッターでもつぶやいていますので、ぜひフォローよろしくお願いします!

この記事は役に立ちましたか?

7